アナウンサーES写真はどこで撮影できる?それぞれのメリデメも解説!

目次

  1. はじめに
  2. アナウンサーES写真は一般就活よりも用意が大変!
  3. アナウンサーESを撮影する場所・方法
  4. アナウンサーES写真が撮影できる場所・方法1:写真スタジオ
  5. アナウンサーES写真が撮影できる場所・方法2:フリーカメラマンに依頼
  6. アナウンサーES写真が撮影できる場所・方法3:スマホでセルフ撮影
  7. アナウンサーのES写真は写真スタジオを使用するのがおすすめ!
  8. まとめ

どこで撮るか迷っているなら「スタジオインディ」にお任せ!

スタジオインディアナウンサー写真LPトップ

証明写真を中心とした写真館「スタジオインディ」なら、1日でスーツと私服とカラースーツの撮影が可能!※予約状況による

加工修正はカメラマンの隣に座って相談しながら可能◎仕上がりは当日確認できて、その場でプリント写真も画像データももらえるから再来店不要!

アナウンサーの就活ES写真といえば「スタジオインディ」

はじめに

人気で倍率の高いアナウンサー就活では、ES(エントリーシート)に貼るES写真が非常に重要です。採用担当者に「アナウンサーにふさわしい」と思ってもらうためにも、こだわって撮影したいですよね。

しかし、「アナウンサーES写真ってどこで撮ればいいの?」と、疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

この記事では、

  • ・アナウンサーESにはどんな写真が必要なのか
  • ・アナウンサーES写真はどこで撮影できるのか

を解説していきます。
撮影方法についてはそれぞれのメリットやデメリットについても解説しますので、アナウンサーES写真をどこで撮影すればいいかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アナウンサーの就活ES写真は「スタジオインディ」

アナウンサーES写真は一般就活よりも用意が大変!

アナウンサーES写真はどこで撮影できる?それぞれのメリデメも解説!1

アナウンサー就活は一般企業の就活に比べて、用意する写真の種類が多く、手間と時間がかかることはご存知でしょうか?
志望先のテレビ局や事務所などにもよりますが、以下の4種類の写真が必要となるので、ここで確認しておきましょう。

  • ①4cm×3cmの証明写真
  • 証明写真はESを作成したのが応募者本人であることを証明するための写真で、どの企業を志望する場合でも基本的に必須のものです。縦4cm×横3cmというサイズは履歴書用として一般的なもので、アナウンサーESでも主流のサイズとなっています。
  • ②バストアップ写真
  • バストアップ写真は、名前の通り胸から上を撮影した写真となります。アナウンサー就活のバストアップ写真では身体は斜めを向き、顔は正面といったポージングが一般的です。バストアップ写真では、清潔感や服装の着こなしに注意しましょう。サイズはL版が多いです。
  • ③全身写真
  • 全身写真もアナウンサー就活ならではの写真です。頭からつま先までの全身の写真を撮影します。アナウンサーは、人前に立つ職業であるため、スタイルの良さもアピールポイントです。全身写真の撮影時には体のラインが分かる服装を選ぶと良いでしょう。
  • ④スナップ写真
  • スナップ写真とは、日常の自然な姿や雰囲気をありのままに写した写真のことです。
  • アナウンサー就活では、かしこまった就活写真では見られない、その人の普段の姿や内面を見ることを目的として、スナップ写真や「あなたらしい写真」の提出を求められることがあります。

アナウンサーESを撮影する場所・方法

アナウンサーES写真はどこで撮影できる?それぞれのメリデメも解説!2

L判サイズの全身写真など、アナウンサーESに添付する写真には、スピード写真機では撮影できないものがあります。では、どこでどのように撮影すればいいのでしょうか。
ここでは、アナウンサーESを撮影する場所や方法として、以下の3つを紹介します。

  • ・写真スタジオで撮影する
  • ・フリーカメラマンに依頼する
  • ・スマホでセルフ撮影

それぞれのメリットやデメリット、どのような人に向いている撮影方法なのかといった点についても説明していきますので、ぜひ参考にして下さい。

アナウンサーES写真が撮影できる場所・方法1:写真スタジオ

写真スタジオとは、「○○写真館」や「フォトスタジオ○○」といった店名の、写真撮影サービスを専門に扱うお店のことです。
記念写真のためのお店というイメージを持っている方もいると思いますが、証明写真や就活写真を撮影してくれるスタジオもたくさんあります。
得意とする写真のジャンルはスタジオによってさまざまですが、アナウンサーES写真の撮影ならマスコミ用写真プランのあるスタジオや、就活写真の撮影実績が多いスタジオがおすすめです。

写真スタジオで撮影が可能なES写真は?

スタジオ内で撮影する写真であれば、ほとんどのスタジオですべての種類のES写真を撮影できます
スタジオによっては証明写真専門だったり、撮影ブースが狭くてバストアップ写真しか撮影できなかったりすることもあるので、撮影前に確認しておきましょう。スナップ写真などを屋外で撮影したい場合は、ロケーション撮影や出張撮影に対応したスタジオを利用する必要があります。

写真スタジオでアナウンサーES写真を撮影するメリット

写真スタジオで撮影するメリットは、設備の整ったスタジオでプロのカメラマンに撮影してもらえることです。

プロのカメラマンは、その人の魅力を最大限に引き出す撮影の仕方や、好印象を与えやすい写真の仕上げ方を熟知しています。服装や表情、ポージングのアドバイスもあり、撮影後はニキビや髪のハネなどを目立たなくするフォトレタッチも施してくれるので、高品質のアナウンサーES写真を撮影することが可能です。

また、専任のスタッフや、ヘアメイクサロンに所属するスタイリストがヘアメイクを施してくれるスタジオもあり、就活に適した派手過ぎないヘアセットとメイクで、写真のクオリティをさらに高められます。
また、写真プリントだけでなく撮影データをもらえるスタジオも多く、Webエントリーや焼き増しの際にも便利です。

写真スタジオでアナウンサーES写真を撮影するデメリット

写真スタジオのデメリットは、どうしても撮影料金が高くなる点です。
証明写真だけなら3,000円以下で撮影してくれるスタジオも多いのですが、バストアップ写真や全身写真の場合は、撮影前にヘアメイクをし、撮影後に写真プリントと撮影データの両方を受け取るようにすると、30,000円以上かかることも珍しくありません。
マスコミ用写真プランや就活写真プランを利用すれば、ある程度撮影費用を抑えることはできますが、それでも必要な写真をすべて揃えようとするとそれなりの費用がかかります。

また、写真スタジオは予約制になっているお店が多く、思い立った時に撮影しにくいのは不便な点です。人気のスタジオは予約が殺到しやすく、希望の日時に撮影するにはかなり前に予約しておく必要があります。

写真スタジオでのアナウンサーES写真の撮影が向いている人

以上のことから、写真スタジオでのアナウンサーES写真の撮影は、

  • ・プロからアドバイスを受けつつ、好印象な写真を撮影してもらいたい
  • ・アナウンサーES写真の作成に関する行程を、できるだけプロに任せたい
  • ・アナウンサーESに必要な写真を一度に揃えたい

と考えている方に向いていると言えます。

自分だけの力で高品質のアナウンサーES写真を撮影するのは難易度が高く、多くの時間が必要です。プロのカメラマンがいる写真スタジオで撮影すれば、簡単に高品質の写真が手に入り、浮いた時間をアナウンサー就活に当てられます。

アナウンサーES写真が撮影できる場所・方法2:フリーカメラマンに依頼

プロのカメラマンの中には、写真スタジオなどに所属せずフリーで活躍している方もいます。
フリーカメラマンには出張撮影を主な業務の一つとしている方も多く、依頼者の希望に応じて、さまざまな場所で写真を撮影してもらえます。

フリーカメラマンに撮影を依頼するには、SNSなどで検索したり知り合いに紹介してもらったりするほかに、出張撮影マッチングサービスを利用する方法もあります。

フリーカメラマンによって撮影可能なアナウンサーES写真は?

撮影プランについては、写真スタジオと比べて比較的柔軟に対応してもらえることが多いため、アナウンサーES写真もすべての種類を撮影してもらえると考えていいでしょう。

ただ、フリーカメラマンは作風に個性が出やすいものです。作風がES写真に適していなかったり、そもそもES写真の撮影経験に乏しいフリーカメラマンもいるので、依頼する前によく確認しておきましょう。

フリーカメラマンにアナウンサーES写真を撮影してもらうメリット

 
フリーカメラマンに撮影を依頼することの最大のメリットは、希望の日時、希望の場所にカメラマンが来てくれるということです。

写真スタジオには営業時間や店休日があり、撮影場所もスタジオ内か、スタジオ近くの公園などに限られることが多いため、自分が希望する時間や場所で撮影できないことがあります。

フリーカメラマンなら、都合さえつけばこちらの希望する時間通りに来て撮影してくれるので、スケジュールの調整もしやすいです。
撮影場所も基本的にどこでも好きな場所を選べるので、見せたい自分を上手く演出できる背景を戦略的に選ぶのもいいですね。

また、スタジオでの撮影では緊張して表情が硬くなってしまうという方でも、自宅など慣れ親しんだ場所で、手持ちのカメラで声をかけながら撮影してもらうなどシチュエーションを工夫してもらうことで、リラックスして撮影に臨むことができ、自然な表情を出しやすくなるでしょう。

フリーカメラマンにアナウンサーES写真を撮影してもらうデメリット

フリーカメラマンに撮影を依頼する場合、撮影場所やヘアメイクなどは自分で手配しなければならないというデメリットがあります。

写真スタジオでの撮影では、撮影場所の手配はスタジオ側でしてくれますが、フリーカメラマンに撮影を依頼する場合は自分で手配しておくのが主流です。

写真はどこでも好きな場所で撮影できるわけではなく、場所によっては撮影の許可が必要だったり、そもそも撮影が禁じられていることがあったりします。その場所で撮影できるかどうかや、撮影許可の取り方は自分で調べ、撮影許可の申請も自分でしなければいけません。

ヘアメイクも、自分でヘアメイクができるならいいのですが、そうでない場合は撮影時間に合わせてヘアサロンや美容室に予約を入れておく必要があります。

また、こちらの希望に柔軟に応えてくれる分、希望通りの写真を仕上げてもらうためには、撮影プランや日程、写真の受け取り方などについて入念な打ち合わせが必要です。
スタジオのスタッフなど仲介する人がおらず、フリーカメラマンと直接やりとりをすることになるため、連絡や打ち合わせに時間がかかりやすくなります。

写真スタジオと同様に、撮影料金がかさみやすいのもデメリットです。特に活動拠点が撮影場所と離れているカメラマンに依頼した場合、かなりの額の出張費や交通費を請求されることがあります。

フリーカメラマンによるアナウンサーES写真の撮影が向いている人

以上から、フリーカメラマンによるアナウンサーES写真の撮影は、

  • ・プロに撮影してもらいたいが、都合のいい時間に写真スタジオに行けない
  • ・スタジオでの撮影では、どうしても緊張してしまう
  • ・プロと話し合いつつ、撮影場所などある程度のことは自分で決めて撮影に臨みたい

というような方に向いています。

電車やバスで何十分もかけないと写真スタジオに行けない方や、都合のいい時間にスタジオの予約がとれないという方は、フリーカメラマンに撮影を依頼することも考えてみてはいかがでしょうか。
特に、自然な表情にこだわった写真を撮りたい方や、写真でアピールすることがある程度決まっている方には、フリーカメラマンに撮影してもらうのがおすすめです。

アナウンサーES写真が撮影できる場所・方法3:スマホでセルフ撮影

スマホが普及した現代において、スマホ内蔵のカメラは最も身近なカメラと言えます。みなさんも一度はスマホで写真を撮った経験があるのではないでしょうか。
最近はスマホ内蔵カメラの性能も高く、撮影を補助してくれるアプリもあるので、工夫次第でアナウンサーESに使える写真も撮影できる可能性があります。

セルフ撮影によって撮影可能なアナウンサーES写真は?

基本的にすべての種類のアナウンサーES写真を撮影できますが、ある程度の工夫が必要です。

バストアップ写真や全身写真を撮影する場合、セルフ撮影ではシャッターを切ってくれる人がいないので、セルフタイマー機能を使ったり、シャッターリモコンを用意したりする必要があります。三脚など、スマホを固定する道具も必須です。

また、証明写真は自撮りで撮影する場合、顔が中心に来るように調整したり、撮影データをバランス良く加工したりするのが大変です。撮影からデータの加工まで補助してくれる証明写真撮影用の写真アプリもあるので、セルフで証明写真を撮影する方は使ってみてはいかがでしょうか。

セルフでアナウンサーES写真を撮影するメリット

撮影費用がほとんどかからないというのが、アナウンサーES写真をセルフで撮影する最大のメリットです。

プロに撮影を頼まないので撮影料金を支払う必要はありませんし、写真アプリやレタッチアプリには無料のものが数多くあります。Webエントリーに使う写真データの準備も、撮影データを自分で加工すれば済むことです。

写真プリントだけは、プリンターがない限り無料で作ることはできませんが、近所のコンビニや写真店に撮影データを持っていけば、一枚数十円でプリントしてもらえます。
撮影環境によっては三脚や照明、レフ板といった道具が欲しいこともありますが、それらを揃えたとしてもプロに撮影を頼むよりずっと安価に撮影できるケースがほとんどです。

また、いつでもどこでも、思い立った時にすぐに撮影できるのも大きなメリットと言えます。
スタジオの予約やカメラマンの手配の手間もかからないので、忙しい時や応募期限まで時間がない時でもアナウンサーES写真を準備することが可能です。

セルフでアナウンサーES写真を撮影するデメリット

アナウンサーES写真をセルフで撮影する場合、撮影だけでなく撮影場所の確保やセッティング、ヘアメイク、レタッチ、写真データの加工に写真プリントまでほぼすべての工程を自分で行う必要があります。
写真アプリの使い方や写真の加工の仕方などは、やり慣れていない場合は事前に覚えておく必要があるため、予約や打ち合わせの手間がないとは言え、写真を準備する時間そのものは結構かかるのが実情です。

また、プロのカメラマンとは撮影の腕やカメラの性能に根本的な違いがあり、撮影した写真をプロの目で評価する人もいないため、写真のクオリティはどうしても低くなってしまいます。

特に全身写真を撮影する場合は、撮影中の確認が難しいため、頭やつま先が切れていたり身体が傾いていたりしていることに撮影後になってから気づくことがよくあります。
表情やポーズの作り方やレタッチのしかたも自己流になりやすく、自分では魅力的に写っていると思っていても、他人から見れば変な写り方をしている独りよがりな写真が仕上がってしまうケースも起きがちです。

セルフ撮影によるアナウンサーES写真の撮影が向いている人

以上のことから、アナウンサーES写真のセルフ撮影は、

  • ・できるだけ撮影費用をかけずに撮影したい
  • ・応募期限間近など、とにかく時間がない
  • ・準備から撮影、仕上げまで自分の好きなようにしたい

という方に向いている撮影方法です。

品質的に不安があるとはいえ、費用を安く抑えられる点や、いつでもどこでもすぐに撮影できる点はスマホ撮影の大きなメリットです。
また、撮影やヘアメイク、レタッチの腕に自信があり、準備も時間をかけて出来るという方は、自由に撮影できるセルフ撮影にチャレンジしてみてもいいでしょう。

アナウンサーのES写真は写真スタジオを使用するのがおすすめ!

アナウンサーES写真はどこで撮影できる?それぞれのメリデメも解説!3

ここまでアナウンサーES写真の撮影場所・方法として、写真スタジオとフリーカメラマン、そしてスマホによるセルフ撮影の3つを紹介しましたが、この3つから選ぶなら写真スタジオを利用するのがおすすめです。

アナウンサーへの道は非常に険しく、採用倍率は1,000倍以上とも言われています。また、アナウンサー就活では一般企業の就活よりも写真が大きなウエイトを占めるため、写真のクオリティには徹底的にこだわった方がいいのです。

プロのカメラマンがいる写真スタジオなら、熟練の技術と充実した機材・設備で撮影してくれるだけでなく、撮影前の身だしなみチェックから撮影中の表情・ポージング指導、撮影後のレタッチで、好印象を与えられるアナウンサーES写真作りを全力でサポートしてくれます。

また、撮影場所の許可取りやヘアメイクの手配、写真プリントの仕上げに写真データの加工まで、アナウンサーES写真に必要なことはほぼすべてやってもらえるのも大きなメリットです。
ES写真を準備するためにあなたがやるべきことは、写真スタジオの予約を取ることと、撮影の日時に合わせて体調を整えることくらいでしょう。
ハイクオリティな写真を用意する必要があるとはいえ、忙しい就活期間には、あまり大きな労力や長い時間はかけられませんよね。

厳しい競争を勝ち抜く写真を、できるだけ手間や時間をかけずに撮影できるという理由から、アナウンサーのES写真は写真スタジオでの撮影をおすすめします。

まとめ

今回は、アナウンサーESに必要な写真の種類や、ES写真を撮影する3つの場所・方法を紹介しました。結論としては写真スタジオでの撮影をおすすめしましたが、実際の撮影ではそれぞれの方法のメリット・デメリットをよく比較して、自分にとって最適な方法を選んでみてくださいね。

アナウンサーESでは、あなたの印象や内面をしっかりアピールできる写真が必要です。
どこで撮影するにしても、納得のいくクオリティの写真を仕上げられるよう、とことんこだわって撮影しましょう!
アナウンサーの就活ES写真は「スタジオインディ」