女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!

目次

  1. はじめに
  2. アナウンサー就活で必要なES写真は一般就活とは異なる!
  3. 女性のアナウンサーES写真を撮影する前に知っておくべきこと
  4. 好印象な女性のアナウンサーES写真を撮るために知っておくべきこと
  5. 女性のアナウンサーES写真の撮影方法
  6. 女性のアナウンサーES写真の撮り方に迷ったら現役アナウンサーを参考にしよう!
  7. まとめ

どこで撮るか迷っているなら「スタジオインディ」にお任せ!

スタジオインディアナウンサー写真LPトップ

証明写真を中心とした写真館「スタジオインディ」なら、1日でスーツと私服とカラースーツの撮影が可能!※予約状況による

加工修正はカメラマンの隣に座って相談しながら可能◎仕上がりは当日確認できて、その場でプリント写真も画像データももらえるから再来店不要!

アナウンサーの就活ES写真といえば「スタジオインディ」

はじめに

人気で高倍率と言われているアナウンサー就活は、ES(エントリーシート)に貼る写真が非常に重要です。
採用担当者がひと目見た瞬間に「この人と会ってみたい」「アナウンサーにふさわしい」と思ってもらえるような仕上がりを目指しましょう。

そんな女性のアナウンサーES写真の撮影に際して、

  • 「そもそもどんなES写真が求められるの?」
  • 「自由度が高いっていうけど具体的にはどんな感じ?」

などの疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、女性のアナウンサーES写真の撮り方について

  • ・撮影前に知っておくべきこと
  • ・好印象を与える身だしなみやポージング
  • ・撮影時の注意点

を詳しく解説していきます!
女性のアナウンサーES写真の基本中の基本から解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

アナウンサーの就活ES写真は「スタジオインディ」

アナウンサー就活で必要なES写真は一般就活とは異なる!

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!1

女性のアナウンサー就活で必要なES写真は、一般就活の証明写真と異なります。
まず、女性のアナウンサーES写真は一般就活のES写真に比べて身だしなみやポージングの自由度が高いことが特徴です。
また、女性のアナウンサーES写真は、証明写真のみを求められる一般就活とは違い、

  • ・一般的な顔写真
  • ・上半身のみが写っているバストアップ写真
  • ・全身写真

のような複数枚の写真を提出しなければなりません。
アナウンサーES写真は一般のES写真と比べて自由度が高く、準備する写真の種類も多いです。そのため、万全の準備を心がけましょう。

女性のアナウンサーES写真に求められる印象

女性のアナウンサーES写真を撮影する際は、

  • ・清潔感
  • ・華やかさ
  • ・知的さ

のような印象を与えられるアナウンサーES写真を目指しましょう。
女性アナウンサーという職業は人前に立つ職業であるため、清潔感がある見た目であることが重要です。さらに、テレビ局の顔ともなる存在なので、知的で華やかであることがより好印象を与えます。
アナウンサーES写真を撮影する際は、これらの印象を損なわないように注意し、採用担当者に「アナウンサーとしてふさわしい」と思ってもらえるような仕上がりを目指しましょう。

女性のアナウンサーES写真を撮影する前に知っておくべきこと

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!2

女子のアナウンサーES写真を撮影する前に、あらかじめ知っておきたいことがいくつかあります。どれもアナウンサーES写真を提出する際に重要な事柄であるため、あらかじめ確認しておきましょう。

アナウンサーES写真の種類

3×4cmの通常の証明写真を提出する一般就活に対し、アナウンサー就活では

  • ・バストアップ写真
  • ・全身写真

などの写真の提出も求められます。
それぞれのアナウンサーES写真の特徴について、以下で解説します。

アナウンサーES写真の種類1: 顔写真

アナウンサーES写真の1つ目の種類は、一般就活で求められる3×4cmの証明写真です。顔写真では、リクルートスーツを着て撮影することが多いです。
アナウンサー就活における顔写真の用途は本人確認であるため、表情がはっきりわかるような髪型を意識しましょう。

アナウンサーES写真の種類2: バストアップ写真

アナウンサーES写真の2つ目の種類は、胸から上の上半身のみが写るバストアップ写真です。バストアップ写真は、私服やカラースーツで撮影することが多いです。
バストアップ写真は、体を斜めに向けて撮影することが多いです。そのため、斜めから見た際の髪型や服装にも注意しましょう。

アナウンサーES写真の種類3:全身写真

アナウンサーES写真の3つ目の種類は、頭からつま先までを撮影した全身写真です。バストアップ写真同様、私服またはカラースーツで撮影することが多いです。全身写真では全体のバランスやスタイルなどをみられるため、スタイルがわかりやすい服装で撮影するのがおすすめです。

アナウンサーES写真に必要な枚数

アナウンサーES写真は、自分がエントリーする予定の局数にプラスして2〜3枚余分に用意するようにしましょう。少し余分に用意しておくことで、急遽エントリーする局を増やす場合も焦らずに済みます。
また、アナウンサーES写真が足りなくなる場合に備え、焼き増しができるES写真データも用意しておくと良いでしょう。

アナウンサーES写真のサイズ

アナウンサーES写真のサイズは、局によってバラバラなので注意してください。
特にバストアップ写真や全身写真のサイズは、局によって違います。そのため、応募するテレビ局の募集要項をしっかり確認してから撮影しましょう。
一般的に求められることが多いアナウンサーES写真のサイズは以下の通りです。

  • ・顔写真:3×4cm
  • ・バストアップ写真:L版
  • ・全身写真:L版

また、アナウンサーES写真を写真館で撮影する場合は、自分が応募するテレビ局が求めるサイズで印刷してもらえるかどうか確認してから予約することをおすすめします。

好印象な女性のアナウンサーES写真を撮るために知っておくべきこと

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!3

続いて、好印象な女性のアナウンサーES写真を撮影するためのコツを解説していきます。
ここでは以下の5つを解説していきます。

  • ・適したメイク
  • ・適した髪型
  • ・適した服装
  • ・適した表情
  • ・適したポーズ

女性のアナウンサーES写真は、自由度が高いとはいえ、派手すぎるのはNGです。

以下で解説するポイントを抑えて、清潔化・華やかさ・知的さをアピールできるアナウンサーES写真に仕上げましょう。

女性のアナウンサーES写真に適したメイク

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!

女性のアナウンサーES写真に適したメイクの特徴は、ナチュラルすぎず、派手すぎないことです。
華やかさが求められるアナウンサーES写真において、ナチュラル過ぎるメイクは地味な印象を与えてしまう恐れがあります。また、派手すぎるメイクは清潔感に欠ける印象を与えてしまうためNGです。
以下で、服装別のアナウンサーES写真に適したメイクを解説します。

(1) 女性のアナウンサーES写真を私服で撮影する場合に適したメイク

女性のアナウンサーES写真を私服で撮影する場合、服装に合ったメイクをすることが重要です。アイシャドウやリップの色と服装を合わせたり、雰囲気に合わせることを意識したりすると全体のバランスが良くなるのでおすすめです。

(2) 女性のアナウンサーES写真を白スーツで撮影する場合に適したメイク

女性のアナウンサーES写真を白スーツで撮影する場合は、リップやチークで華やかさや女性らしさを演出しましょう。
白スーツは、一般的なリクルートスーツよりも華やかさがあるため、メイクがナチュラルすぎるとチグハグな印象を与えます。華やかな色のリップやチークをチョイスすることでナチュラルでありつつも華やかなメイクを意識しましょう。

(3) 女性のアナウンサーES写真をリクルートスーツで撮影する場合に適したメイク

女性のアナウンサーES写真をリクルートスーツで撮影する場合は、ナチュラルメイクを意識しましょう。
リクルートスーツは真面目な印象を与えるため、華やかなメイクをすると違和感のある写真に仕上がってしまいます。とはいえ、アナウンサーES写真においては華やかさも重要なので、薄いブラウンのアイシャドウを塗ったりアイラインを引くなどして「メイクをしてる感」を出しましょう。

女性のアナウンサーES写真に適した髪型

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!5

女性アナウンサーES写真に適した髪型の特徴は以下の通りです。

  • ・耳や輪郭がはっきりと出ている髪型
  • ・ツヤ感がり、アホ毛が抑えられた清潔感のある髪の毛
  • ・前髪で目元が隠れていない
  • ・髪色は6〜7トーン以内

女性のアナウンサーES写真は、清潔感があることがとても重要です。
オイルを塗って髪の毛にツヤを出し、アホ毛をしっかり抑えることで清潔感のある好印象な髪型を目指しましょう。

自由度の高いアナウンサーES写真においては前髪を下ろしてもOKですが、目元が隠れると暗い印象を与えてしまいます。そのため、前髪を横に流したり、シースルーの前髪にしたりするのがおすすめです。
また、親しみやすい髪型であることが重要なので、奇抜な髪色や髪型はNGです。茶髪での撮影もOKですが、6〜7トーンの暗めな茶髪にしましょう。

女性のアナウンサーES写真に適した服装

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!6

女性のアナウンサーES写真における服装は自由度が高く、スーツでの撮影も私服での撮影もOKです。
ここでは、女性のアナウンサーES写真でよく見られる

  • ・私服
  • ・白スーツ
  • ・リクルートスーツ

に分けてそれぞれ女性のアナウンサーES写真に適した特徴を解説します。

(1)女性のアナウンサーES写真に適した私服の特徴

女性のアナウンサーES写真を私服で撮影する場合、清潔感・華やかさ・知的さを意識することで好印象な服装になります。また、身体のラインがきれいに見える服装を意識し、スタイルの良さをアピールすることも重要です。

トップスは、色は、白やパステルカラーをチョイスすることで華やかさと清潔感を両立できるのでおすすめです。逆に、原色の服は派手な印象を与える上に、光の反射で顔色に影響を与える恐れがあるので避けましょう。

ボトムスは、華やかな印象を与えるスカートを着用するのがおすすめです。スカートにトップスをインしてウエストを強調することでスタイルを良く見せる効果もあります。着用するスカートを選ぶ際は、膝が隠れる丈のスカートにしましょう。

ワンピースを着用する場合は、ウエストマークのあるワンピースを選んで体型が隠れないようにしましょう。

(2)女性のアナウンサーES写真に適した白スーツの特徴

女性のアナウンサーES写真を白スーツで撮影するなら、スカートのスーツを選び、中に華やかなブラウスを着用するのがおすすめです。

白スーツはリクルートスーツに比べて華やかな印象を与えます。そのため、中にボタンを上まで閉めたリクルートシャツを着用するとバランスが悪くなってしまいます。ギャザーブラウスや首元のあいたスキッパーシャツを着用して華やかさを意識しましょう。

また、女性のアナウンサーES写真は華やかさが重要なのでパンツスーツよりもスカートがおすすめです。ただし、膝よりも短いスカートは派手な印象を与えてしまうため、立ったときに膝が隠れる丈のスカートを選びましょう。

(3) 女性のアナウンサーES写真に写真に適したリクルートスーツの特徴

女性のアナウンサーES写真をリクルートスーツで撮影する場合は、中に首元の見えるスキッパーシャツを着用するのがおすすめです。
スキッパーシャツとは、襟から胸元までが空いていて、ボタンがないシャツのことです。スキッパーシャツを着用することで、リクルートスーツならではの真面目な印象を維持しつつ、首元を見せて華やかさを演出することができます。

色は、ホワイトを選ぶことで、真面目な印象と華やかな印象を与えましょう。
また、膝よりも短いスカートは派手な印象を与えてしまうため、清潔感や知的さが求められるアナウンサーES写真には不向きです。そのため、膝が隠れる丈のスカートを選びましょう。

女性のアナウンサーES写真に適した表情

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!7

女性のアナウンサーES写真に適した表情は、知的に見える微笑みです。
ゆるやかに目を細め、口角を少し上げて歯を見せることを意識することで知的な印象を与える微笑みになります。
このとき注意すべきなのは、

  • ・目を細めすぎない
  • ・口角を上げすぎない

ことです。女性のアナウンサーES写真の表情は、知的に見えることが重要です。
そのため、やりすぎな笑みはマイナスな印象を与えてしまう恐れがあります。アナウンサーES写真に適した表情のイメージがつかない場合は、現役アナウンサーのプロフィール写真を参考にしましょう。

女性のアナウンサーES写真に適したポージング

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!8

女性のアナウンサーES写真を撮影する際は、華やかに見えるポーズを意識しましょう。写真の種類ごとに適したポーズは以下の通りです。

  • ・バストアップ写真では身体を斜めに構える
  • ・全身写真ではコンパニオン立ちをする

バストアップ写真を撮影する際は、身体を斜めに構えることで、細身に見える効果と華やかな印象を与える効果があります。このとき、身体は斜めに構えますが、顔は正面を向くということに注意してください。

全身写真を撮影する際は、身体を斜めに構えて足をクロスしたコンパニオン立ちがおすすめです。コンパニオン立ちをすることで、脚が長く細く見える効果があり、スタイルを良く見せることができます。ニュースを見て現役アナウンサーの立ち方を参考にしてみてください。
アナウンサーES写真のバストアップ写真や全身写真を斜めから撮影する場合は、横から見たときの服装の乱れに注意しましょう。撮影前に鏡で横から見た自分の姿を確認してみてください。

女性のアナウンサーES写真の撮影方法

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!9

女性のアナウンサーES写真を撮影する際の基礎知識が身についたところで、ここからはアナウンサーES写真の撮影方法を解説します。
アナウンサーES写真を撮影する方法は、主に

  • ・写真館で撮影する
  • ・フリーランスのカメラマンに依頼して撮影する
  • ・自分で撮影する

の3種類です。
以下でそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

1. アナウンサーES写真を写真館で撮影する

  • <アナウンサーES写真を写真館で撮影するメリット>
  • ・プロのカメラマンに撮影してもらえる
  • ・ヘアメイク付きのプランがある
  • ・プロにレタッチ加工してもらえる

アナウンサーES写真を写真館で撮影すると、プロのカメラマンに適した表情やポージングを指導してもらうことができます。表情やポージングの自由度が高いアナウンサーES写真において、どんなポーズや表情をしていいかわからないという方におすすめです。

また、ヘアメイク付きのプランで撮影した場合、プロのヘアメイクさんにアナウンサーES写真に適した身だしなみにしてもらえます。
さらに、プロによるレタッチ加工で肌質や身だしなみを整えることで、さらに好印象なアナウンサーES写真に仕上がります。

  • <アナウンサーES写真を写真館で撮影するデメリット>
  • ・予約をする必要がある
  • ・値段が高い

アナウンサーES写真を写真館で撮影する場合は、予約をする必要があります。就活期やアナウンサー期などの繁忙期は予約が取れない可能性があるので注意しましょう。

また、撮影やレタッチをプロにお願いすることになるため、どうしても料金が高くなってしまいます。
     

2. アナウンサー就活写真をフリーランスのカメラマンに依頼する

  • <アナウンサーES写真をフリーランスのカメラマンに依頼するメリット>
  • ・自分の好きな雰囲気で撮影してくれるカメラマンを選ぶことができる
  • ・自分で撮影地を選ぶことができる
  • ・プロのカメラマンに撮影してもらえる

アナウンサーES写真をフリーランスのカメラマンに依頼するときは、ホームページやSNSを通して予約する場合が多いです。

SNSで自分の好みの雰囲気の写真を撮影しているカメラマンを探すことで、自分好みのアナウンサーES写真に仕上がります。

また、プロのカメラマンを派遣してもらう形なので、撮影地を自分で選ぶことができます。アナウンサーES写真においては外でスナップ写真を撮影する場合も多いので、自分が好きな場所を選べるのは嬉しいですよね。
また、写真館で撮影する場合と同様プロのカメラマンに撮影してもらえるというメリットがあります。

  • <アナウンサーES写真をフリーランスのカメラマンに依頼するデメリット>
  • ・カメラマンを自分で探す必要がある
  • ・料金が高い

アナウンサーES写真をフリーランスのカメラマンに依頼する場合、カメラマンを自分で探す必要があるため、負担に感じる人もいるかもしれません。
また、プロのカメラマンによる撮影なので、料金が高く設定されている場合が多いです。

3. アナウンサーES写真を自分で撮影する

  • <アナウンサーES写真を自分で撮影するメリット>
  • ・料金がかからない
  • ・いつでも撮影できる
  • ・リラックスして撮影できる

アナウンサーES写真を自分で撮影する場合、印刷代以外の料金がかかりません。また、予約をする必要がないためいつでも撮影することができます。
また、人前での撮影が緊張するという方も、自分で撮影する場合はリラックスして撮影できます。

  • <アナウンサーES写真を自分で撮影するデメリット>
  • ・品質が低くなってしまう
  • ・加工の加減がわからず不自然な写真になってしまう

アナウンサーES写真を自分で撮影する場合、カメラや照明を自分で用意しなければならず、どうしても仕上がりの質が下がってしまいます。
また、自分で肌質などを加工しようとした場合に、その加減がわからず不自然な仕上がりになってしまう恐れがあります。

アナウンサーのES写真を用意するなら写真館を利用した方が便利!

結論、アナウンサーES写真を用意する際は写真館を利用するのが便利です。
プロにメイクから撮影、加工まで任せることで、アナウンサーES写真により適した仕上がりになります。
ただし、写真館での撮影は予約が必要になるため早めに予約するように注意しましょう。

女性のアナウンサーES写真を撮るときの注意点

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!10

女性のアナウンサーES写真を撮影する際は、守るべき注意点がいくつかあります。
ここでは、アナウンサーES写真を撮影する際の注意点を
・顔写真・バストアップ写真を撮影するとき
・全身写真を撮影するとき
の2点に分けて解説していきます。

顔写真・バストアップ写真を撮影するときの注意点

アナウンサーES写真の顔写真・バストアップ写真を撮影するときは、襟の左右差に気をつけましょう。左右非対称なアナウンサーES写真を提出すると、だらしない印象を与えてしまう恐れがあります。
また、服に目立つほこりがついていないかも入念にチェックしましょう。アナウンサーES写真は清潔感が重要なので、ほこりがついているとマイナスなイメージを与えてしまいます。

全身写真を撮影するときの注意点

アナウンサーES写真の全身写真を撮影する際は、スカートにしわがよっていないか確認しましょう。スカートにしわがよっているとだらしない印象を与えるため、必ず座ったときについたしわを伸ばしてから撮影に臨んでください。
また、全身写真撮影の前は、横からみた姿も鏡でチェックしましょう。全身写真を斜めのアングルから撮影する場合もあるので、サイドについたしわや、横からみた髪型を直してから撮影することをおすすめします。

女性のアナウンサーES写真の撮り方に迷ったら現役アナウンサーを参考にしよう!

女性のアナウンサーES写真の撮り方のポイントや注意点を解説します!11

ここまで女性のアナウンサーES写真の撮り方を詳しく解説してきましたが、「いまいちイメージが湧かない…」という方もいるかもしれません。そんな人はぜひ実際に活躍している現役アナウンサーを参考にしてみてください
各局のホームページにはアナウンサーのプロフィール写真が載っており、アナウンサーES写真を撮影する際のメイクや髪型の参考になります。また、ニュースやテレビ番組で見る女性アナウンサーの服装は、アナウンサーES写真の全身写真を撮影するときに参考になります。

現役アナウンサーを参考にする際は、志望局の朝番組のアナウンサーを参考にするのがおすすめです。朝番組は老若男女に視聴されるため、朝番組に出演しているアナウンサーは万人受けをする格好であることが多いためです。
現役のアナウンサーを参考にすることで、自分が撮影したいアナウンサーES写真のイメージを明確にしてから撮影に臨んでみてください。

まとめ

いかがでしたか?
女性のアナウンサーES写真について、以下の点を解説してきました。

  • ・撮影前に知っておくべきこと
  • ・好印象を与える身だしなみやポージング
  • ・撮影時の注意点

女性のアナウンサーES写真は、一般のES写真とは求められる写真の種類も違い、身だしなみやポージングの自由度も高いです。どんなアナウンサーES写真を撮影すればいいかわからなくなってしまったときは、本記事を読み直してみたり現役アナウンサーを参考にしたりしてみてください。
本記事で解説してきた女性のアナウンサーES写真の撮り方を参考にして、素敵なアナウンサーES写真を撮影しましょう!

アナウンサーの就活ES写真は「スタジオインディ」